那覇市から最も近いナガンヌ島「ケラマブルー」を楽しむ

公開日: 更新日:

砂浜はアオウミガメの産卵地

 20~30分も歩けば、グルリと1周できそうな小さな無人島のナガンヌ島。正式名称は慶伊瀬島だ。水道や電気などのライフラインは存在しないが、売店や観光客向けのコテージが並び、観光シーズン(4~11月)になると、ダイビングやシュノーケリングを目的に多くの観光客が訪れる。海に触れると、まだ3月にもかかわらず、すでに水温21~22度と温かかった。

 慶良間諸島の砂浜はアオウミガメの産卵地として知られ、この島でも5月に入ると、産卵のために上陸する姿が見られる。卵はおよそ70~80日で孵化するという。

「6月後半から8月にかけてですかね。運が良ければ、生まれたばかりの子ガメが海に向かって砂浜をよちよち歩く姿を見られますよ。甲羅がプニョプニョしていてとても軟らかいんです」(山城さん)

 コアジサシやエリグロアジサシなど絶滅危惧種に指定されている渡り鳥も多く飛来するため、立ち入り禁止区域を設けて保護に取り組んでいるそうだ。

 JTBを利用したツアー客に限られるが、4人家族用の1棟48平方メートルの広さがある「グランピング」施設も3棟完備。宿泊してバーベキューを楽しんだり、のんびりと海を眺めたりしながら過ごすのもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  7. 7

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    世界中が注目!子猫を救出した消防士が“男泣き”したワケ

  10. 10

    ようやく初入閣…北村地方創生相の“髪型”に秘められた事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る