遭遇率は97・5%!クジラを間近で見られる沖縄・座間味島

公開日: 更新日:

 沖縄本島からフェリーで2時間(高速船で50分)、慶良間諸島の座間味島では今、繁殖のために南下してきたザトウクジラを間近に見ることができる。

  ◇  ◇  ◇

■遭遇率は97%

 ほんの数メートル先に姿を見せたクジラが、海面に胸ビレをびたんびたんと叩きつける。「ペックスラップ」と呼ばれる特有の動作だ。その先で新たに3頭のクジラが「ブシュー」と音を立てて浮上した。すぐに丸まった大きな背中を見せながら、ゆったりと海の中に消えていく。尾ビレが水面に消えていったところは、波が消えて色が変わり円を描いたようになる。「クジラの足跡」と呼ばれる現象だ――。

 座間味港からホエールウオッチング船に揺られて20分、この日の出現エリアに到着した。船長の宮平聖秀さんは島の四天王に数えられるベテランだ。座間味が舞台の映画「マリリンに逢いたい」のモデル犬「マリリン」の飼い主でもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  9. 9

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  10. 10

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る