西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

明神丸(ひろめ市場店) 四万十川とカツオでリフレッシュ

公開日: 更新日:

 これまで50回以上フルマラソンを走ってきましたが……。桜並木の下を思う存分に疾走できる大会って「四万十川桜マラソン」が一番かも知れません。というわけで3月31日、高知に行ってきました。2年連続でゲストランナーとして招待していただき、「日本最後の清流」といわれる四万十川に沿いつつ、そして満開の桜を堪能しながらRUNしてきました。

 コースの高低差は100メートル。緩やかな下り坂を走ります。四万十川に架かる7つの沈下橋(増水時に川に沈んでしまうよう設計された欄干のない橋)の中で、2つの沈下橋を渡ります。四万十川ならではの風景に溶け込み、新緑と桜のコントラストに目を奪われ、地元の大会ボランティアさんの温かさに触れ、心がホッコリとしました。

 RUN愛好家の皆々さま。地方で行われるマラソン大会にエントリーしてみたらいかがでしょうか? 42・195キロを走っている間、間違いなく脳をリフレッシュできます。たくさんフルマラソンを走ってきたワタシが保証します。ウフフ。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  7. 7

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る