鈴木美穂さん<4>両陛下の被災地お見舞い取材では学生ボランティアに間違われた

公開日: 更新日:

 2年目の7月、宮内庁の担当になった。駆け出しの社会部記者は、警視庁や司法など大所帯のクラブで経験を積んでいくのが一般的。右も左も分からない現場を一人で任されることは少ない。おまけに他社は中堅からベテランの記者ばかり。若い女性記者は珍しかった。

「20代も私だけで、みんな『この子、だれ?』って感じだったと思います。配属の3日目に皇太子さまの同行取材があり、政府専用機に乗ってモンゴルに行ったときも、機内で一人はしゃいでいましたからね。それでも他社の先輩記者には仲良くしていただいて、本当にお世話になりました」

 翌8月には、天皇皇后の中越沖地震に伴う被災地お見舞いに同行。学生ボランティアと間違えられた。

「ボランティアの人たちと接する取材エリアに陣取っていたら、皇后さまから『あなたはどちらからボランティアにいらしたんですか』と話しかけられてしまって。宮内庁の人は慌てて『ここからこっちは記者です』と。皇后さまは本当にすごくすてきな方で、お目にかかるときは、いつもドキドキしていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  2. 2

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  5. 5

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  8. 8

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

  9. 9

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  10. 10

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る