GW中の東京でも どうして5月に“ひょう”は多く降るの?

公開日: 更新日:

 日本でもかつて、埼玉県熊谷市で重さ約3・4キロ、かぼちゃ大のひょうが降っている。2000年5月には茨城県南部と千葉県北西部でみかん大のひょうが降り、窓ガラス破損や負傷者も160人以上を出した。今後、発達した雷雲が都心部の上空にでき、銀座や大手町にゴルフボール大のひょうを降らせる可能性もある。

 米カリフォルニア大学バークレー校の研究では、地球温暖化の影響で、落雷の発生数は2100年までに50%増を予測している。雷を伴う雲がひょうを作る。ゴロゴロと地をとどろかせる雷が鳴り響いたら、子供の頭を押さえたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  3. 3

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  4. 4

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  8. 8

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  9. 9

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  10. 10

    ワイドショーのラグビーW杯解説 秀逸なのはテレ朝の玉川徹

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る