勘違い? 南から北へ進むはずの桜前線に“異変あり”のワケ

公開日: 更新日:

 今年の桜は、東京は3月21日に開花した。平年は26日だから、5日早いスタートで、27日には満開となった。

 温暖化の影響なのか、不思議な現象が起きている。

 例えば、昨年10月に九州から北海道まで、全国エリアで、ソメイヨシノの狂い咲きが報告されて話題になった。

「10月は特殊な事例でした。9月下旬に大きな台風が起きたことで、強風で葉っぱが飛んだり、葉っぱに塩風が付いたことで葉の水分がなくなり、落葉が促されたんです」(日本花の会主任研究員の西山正大氏)

 桜の花芽は通常7月下旬から8月に作られる。

 花を咲かせる準備はできているが、葉から植物ホルモンの一種であるアブシシン酸が花芽に流れているため、花の成長を抑えているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る