JAFが警告 ゲリラ豪雨でも「無灯火」ドライバーの思考回路

公開日:

 突然の落雷とともに襲い掛かるゲリラ豪雨。最近は慣れっこにもなってきているが、運転中の事故の危険性をJAFが警告している。

 JAFは実際に雨を降らせ、時速40キロで運転する車が、前方の車(停車)に気付いてから何メートル先で停止できるかを検証した。

 1時間雨量が80ミリのケースでは、前方の車が「ブレーキランプ」を点灯していれば、70・9メートル手前で余裕で停車できた。だが、前方の車が夜間にテールランプやリアフォグランプすら「無灯火」だった場合、24.1メートルまで急接近(昼間は39.2メートル)。あわや“オカマを掘る”寸前だった。

 ここで自動車教習所で習った停止距離を思い出してもらいたい。時速40キロの車が障害物に気付いてからブレーキを踏み、停車するまでに要する距離は22メートル。時速60キロなら44メートル、時速80キロなら76メートルだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る