• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

JAFが警告 ゲリラ豪雨でも「無灯火」ドライバーの思考回路

 突然の落雷とともに襲い掛かるゲリラ豪雨。最近は慣れっこにもなってきているが、運転中の事故の危険性をJAFが警告している。

 JAFは実際に雨を降らせ、時速40キロで運転する車が、前方の車(停車)に気付いてから何メートル先で停止できるかを検証した。

 1時間雨量が80ミリのケースでは、前方の車が「ブレーキランプ」を点灯していれば、70・9メートル手前で余裕で停車できた。だが、前方の車が夜間にテールランプやリアフォグランプすら「無灯火」だった場合、24.1メートルまで急接近(昼間は39.2メートル)。あわや“オカマを掘る”寸前だった。

 ここで自動車教習所で習った停止距離を思い出してもらいたい。時速40キロの車が障害物に気付いてからブレーキを踏み、停車するまでに要する距離は22メートル。時速60キロなら44メートル、時速80キロなら76メートルだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る