過去には強い因果関係が…寒暖差が地震を引き起こすのか

公開日: 更新日:

 夏日に上着を脱ぎ捨てたと思ったら、翌日は冷たい雨――。

 今月8日には、関東甲信で朝夕の寒暖差が20度を記録。今週も、最高気温と最低気温が10度近く異なる日が続いている。実は、3~5月は寒暖差が一年で最も大きく、とくに5月は「気象病」や「寒暖差疲労」による不調を訴える人が増える。だが、寒暖差は心身に影響をもたらすだけでなく、地盤にも危険をもたらすというから気がかりだ。

 三重大学生物資源学部の地球環境気象学研究室(立花義裕教授)の学生が「気象は地震を誘発するか?」という、興味深いリポートを提出した。にわかには信じられないが、統計解析によると、過去に三陸沖で発生した地震は発生前に気圧が急激に低下し、1994年に起きた三陸はるか沖地震がまさにそうだったという。また、3・11地震では、余震が多い時ほど太平洋プレート西部が高気圧傾向にあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る