姫路、竹田、明石“名城の宝庫”兵庫県で歴史を体感する旅を

公開日: 更新日:

 兵庫県を代表する城といえば、世界文化遺産にもなっている「姫路城」(姫路市本町68)だろう。1332年、播磨国に築城された。当初は小さな山城だったそうだが、戦国時代には羽柴秀吉、黒田官兵衛らが城主に。最後は池田輝政によって、現在の姿になった。

 大規模な保存修理を行っていたが、2015年にリニューアルオープン。連立式天守と白漆喰の城壁の美しさから、白鷺城とも呼ばれる。見どころは、戦いを意識した“仕掛け”だ。

「連立式天守とは大天守と小天守が結ばれた造りのこと。その構造は第二江戸城とも呼ばれるほどで、似ています。城内道は迷路のようで、鉄扉の付いた頑丈な門や人ひとりがやっと通れるような抜け穴のような門など、万が一、突破された時を考えて、頑丈な門を複数構えている。攻め手側に立って見てみても楽しめます」(姫路城観光ガイドの岡安順一さん)

 敵をよじ登らせないために扇の曲線状に反り上がった石垣も圧巻だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか