大学ジャーナリスト石渡嶺司さん「迷いが出たら原点回帰」

公開日: 更新日:

 今年は、日大アメフト部騒動や医学部入試の男女格差など、大学にまつわる問題が相次いだ。メディアにたびたび登場した石渡嶺司さん(43 )は、大学卒業後、編集プロダクションなどの勤務を経て、2003年から大学ジャーナリストに転身した。

「編集プロ時代に取材の中で、ある大学の大学祭を訪れたのです。定員割れの大学でしたが、学校を盛り上げようと意気込む先生と、感化されてやる気を出した学生がいる一方、不本意入学でずっとふてくされている学生のコントラストが興味深かった。そこから、大学受験や学生のことを知りたいと思ったのです」

「大学の学科図鑑」(SBクリエイティブ)などの著作がある石渡さんは、これまで400校以上の大学に足を運んできた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  4. 4

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  5. 5

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

  10. 10

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

もっと見る