【ナスの生姜焼き】甘じょっぱいタレはだれもが好きな味

公開日: 更新日:

 酒井さんの料理人のスタートは、フレンチ。大学卒業後、ワーキングホリデーを利用して行ったオーストラリアで働き始めたのが、フレンチレストランだった。

「シェフが料理ができるかっこいい人で、彼みたいにお店を持ちたいなと思ったんです」(酒井さん)

 帰国前には「店に残ってほしい」とシェフに言われるまで腕を上げた酒井さん。日本では複数の飲食店で料理や飲食店のマネジメントを学び、いよいよ独立、と思っていた矢先、運命的な出合いを果たした。予約の取れない居酒屋として絶大な人気を誇る「高太郎」(東京・渋谷)だ。

「“なんだ、この大人の空間は!”って感動して、こういうお店をやりたいと。次の日すぐ“働かせてください”と電話したら、あっさり断られました」

 でも諦めなかった。高太郎さんがかつて働いていた飲食店グループに入り、和食の料理人としての一歩を踏み出した。その後、念願かなって「高太郎」へ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る