【米ナスの田楽牛肉添え】ナスが口の中でトロトロと溶ける

公開日: 更新日:

 柳家の玄関戸をガラガラと開けると、まるで別世界に迷い込んだようだ。心が落ち着く純和風の空間。縁側からは、風情のある庭を眺めることができ、池にはコイが優雅に泳いでいる。

 そんな場所で味わうツマミは、またいいのだ。

「この料理のポイントは玉味噌を使っているところですね」

 玉味噌とは、豆腐やこんにゃく、焼き物などにかかっている、あの金色に光っているものだ。

「白味噌に卵黄と酒とみりんを入れてかき混ぜて、火にかけて練っていきます。水分が少し蒸発して硬さが出てくるのですが、まだたぷたぷと水分が残っている状態で鍋を火から下ろしてください。冷めてくると固まってきます。ナスは、揚げた後に串で打って、味噌をつけてから軽くあぶっています」

 油と相性がいいナスが口の中でトロトロと溶ける。玉味噌も絶妙に絡み合い、ピリッと辛口の地酒がどんぴしゃりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  4. 4

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  5. 5

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  6. 6

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

もっと見る