角田信朗さん<4>あらゆる書類を用意し2日で興行ビザを発給

公開日: 更新日:

 僕は英語が話せるということで、K―1では海外選手の招聘や契約なども任されることになりました。

 今でもヒヤヒヤした思い出として残っているのが、タイのムエタイ選手の参戦が決まっているものの、ビザが下りないというトラブルがあったときのこと。大会は数日後に迫っています。タイからの連絡を受けてすぐに、石井館長は僕に、「タイに飛べ!」と指示を出されました。

 飛べと言われても、ビザが下りないことの意味が僕には把握できていません。何をどうすればいいか分からない僕は、とにかく会社=正道会館の登記簿謄本や決算報告書、自分自身の住民票や印鑑証明書に実印、所得証明書など、ありとあらゆる書類を準備し、ワープロを持ってタイに飛びました。

 日本大使館に行くと、ムエタイ選手のビザが下りなかったのは、これまで観光ビザで来日して試合に出ていたことが発覚したのが理由でした。試合に出るのであれば、興行ビザが必要です、と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  4. 4

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  5. 5

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  6. 6

    中曽根元首相の葬儀に“血税1億円”投入こそ「悪しき前例」

  7. 7

    田村厚労相 ソフトな外っ面の裏に弱者切り捨ての“前科”

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

もっと見る