食物アレルギー100種超でも充実 逆転のポジティブ思考とは

公開日: 更新日:

 新聞、テレビ、ネットでも連日のように取り上げられる食物アレルギー。大人になってから発症する人も珍しくない。

 ウェブサイトの制作などに関わるUI・UXデザイナーの杉浦朋子さん(39)も20代で判明。安い居酒屋で飲むと吐いたり意識不明になることが多く、酒に弱いと思っていたが、実は食物アレルギーが原因だった。

 今では「食べると死んじゃうかも」という食べ物が100種類以上はあるという。ちなみに後から“酒豪”と分かった。

 杉浦さんに、日常的によく出てくるもので食べられない物を聞いたら、生野菜全部、柑橘類を除く果物全部、ドレッシング、ソース類、市販のカレールー、キムチ、わさび、からし、生のネギ、サバ缶やツナ缶、乳製品、ナッツ類などなど。

「梨が大好物で、梨は駄目でも梨味なら大丈夫だろうと、梨味のアイスを食べたら、呼吸困難で意識不明になり救急搬送。100円以下のアイスで死にそうになり、かかった医療費は2万円。さすがに諦めがつきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る