ハマると脱出困難…ママへ“キャラ弁競争”回避のアドバイス

公開日: 更新日:

 4月から娘が幼稚園に通いだしたという共働きの母親は、ため息をつきながらこう明かす。

「たまにママ友から凝ったキャラ弁の写真がLINEで送られてくるんです。『頑張ってこんなの作りました!』って。ただ自慢したいだけなんでしょうが、こっちは『頑張っていないダメな親』みたいな気分にさせられる。幼稚園からも『お弁当は手作りにこだわり、目に見える愛情を注ぐことで子どもが精神的に安定する』なんて言われると、『私も作らなきゃ』と不安になり、追い詰められていくんです」

 わが子を喜ばせたいという親心は分かるが、アニメのキャラクターなどを模して作る弁当「キャラ弁」を巡る“競争”はいまだに、毎年必ずどこかで起きている。

「子どものために一生懸命お弁当を作る親を否定するつもりはありませんが、“キャラ弁命”の親がひとりでもいると、親同士の競争になりがち。子どもそっちのけで、キャラ弁の“マウンティング合戦”になります。だからキャラ弁を禁止する幼稚園もある」(都内の保育士)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る