夫婦公認も 就職氷河期世代が“既婚者合コン”にはまるワケ

公開日: 更新日:

「既婚者合コン」が盛況らしい。

「30代、40代を中心に既婚者だけを集めてパーティーを開く専門業者もすでに都内にいくつかあります。『既婚者』というワードでネットで検索すると、『合コン』とか『サークル』『飲み会』なんて関連ワードが表示される。定着しつつありますね」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

“動機”は男女とも共通している。

「月イチぐらいで参加しています」と話すのは、都内在住でメーカー勤務の男性(38)だ。

「単身赴任して3年。それを機に妻とはセックスレスに。でも、リスクを冒してまで会社の女の子と不倫しようとは思いません。男も女も既婚者と分かっている集まりの方がお互いに妙にガツガツしないし、割り切りやすい。まあ、女性の飲み友達が増えるだけでも楽しいし、その上で『いい相手がいれば』と気楽に構えていられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る