【カリフラワーのスパイスフリット】秀逸な万能ソース

公開日: 更新日:

「カリッとサクサクッと揚げるために、衣に少量のビールを使っています。ぜひ、残りのビールを飲みながら作って欲しいですね」

 そう言って爽やかに笑う宮武さんが、まず出してくれたのがこれだ。腕を磨いた新富町の「Coulis」は創作野菜料理の名店として知られるだけに、野菜を使ったツマミはお手のもの。衣の食感、口に広がるスパイスの香り……すべてがカリフラワーの味を引き立たせるための工夫という感じがして、「さすが!」とうならされた。

 ソースがまた秀逸だ。宮武さんは「ガシガシ食べられるラー油」と表現したが、これが本当にうまい。

 自家製のラー油に、レーズンやナッツの入ったグラノーラを放り込んでしまう発想に脱帽だ。肉にも魚にも合うというから、ぜひ試したい。

《材料》
・カリフラワー 3分の1個

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る