「依存症問題を考える会」代表が語るギャンブル漬けの日々

公開日: 更新日:

「ギャンブル依存症問題を考える会」代表・田中紀子さん(54歳)

 芸能人の薬物依存問題が世間を騒がせているが、ギャンブル依存症も深刻だ。日本では今年の秋以降にカジノ管理委員会を設けるほか、IR設置箇所を選ぶ際の基準となる基本方針を策定する。

 2014年、厚労省の調査でギャンブル依存症の疑いのある患者は全国に536万人いると発表されたが、田中さん夫婦も当事者だった。

「私が生後2歳のころ、父がギャンブルの借金で横領事件を起こし、両親は離婚しました。その後は母の実家で暮らしましたが、祖父もギャンブル好きだった影響で、私もギャンブルに抵抗はありませんでした」

 契機は20歳を過ぎたころ。大学病院に勤務していた田中さんは、ダブルワーク先のバイトでパチンコと競艇好きな早大6年生の男性と知り合った。

「2人のデートはもっぱらギャンブル。バイト代や貯金、ブランド品も全部売り払って800万円を使い込みました。それでは済まずに借金生活になって、2人とも借金しては返す自転車操業の生活でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る