8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

公開日: 更新日:

 ある男子高生が卒業証書を受け取るために登壇した途端、客席はシーンと静まり返り……その静寂の理由に、多くの人々が深く心を動かされている。

 米CNN(7月9日付電子版)などによると、この男子高生はニューヨーク州パットナム郡に住むジャック・ヒッギンズ君(21)。地元カーメル高校を6月20日に卒業した。

 ジャック君は自閉症で、特に騒音に極めて過敏だ。同校の感覚・学習・行動に障害がある生徒の学習プログラムを8年かけて修了。晴れて卒業することになった。

 ジャック君の父親のパットさんと母親のバーバラさんは、息子にぜひ卒業式に出席して欲しいと思ったが、「ステージに上がった時に、客席から拍手や声援を送られてパニックにならないだろうか?」という心配があった。

 両親が学校に相談したところ、ルー・リオロ校長は、「分かりました。ジャック君が登壇した時は、生徒たちに静かにするように指示します」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  4. 4

    総務省との“ズブズブ関係”疑惑が飛び火…TV局は戦々恐々

  5. 5

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

  6. 6

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  7. 7

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  8. 8

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  9. 9

    松本人志がTV局の忖度に苦言 元カノに触れぬことをチクッ

  10. 10

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

もっと見る