産後の“恨み”中高年世代まで…妻の気持ちを取り戻すには?

公開日: 更新日:

 近年「産後クライシス」という単語を聞くことが増えた。これは第1子誕生後の夫婦に不和が生じる現象。たとえば子育てを任せっきりにする夫のささいな言動が気に障るという。

「“妻の地雷”を踏まない本」の著者で、行動心理コンサルタントの鶴田豊和氏はこう言う。

「『夫婦ともに、親になると互いの親密性が下がる』という目白大学の研究結果もあります。夫婦の危機を迎えることは珍しくありません」

 これは出産前後に限ったことではない。この時の“恨み”は根が深く、50~60代までわだかまりが消えないという妻も少なくないのだという。

「それで子供が独立して、仕事でも一区切りついた時に離婚となるのです。“一番大変だった出産前後で助けてくれなかった”という思いは、“不満”として年々募っていきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  4. 4

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  7. 7

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  8. 8

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る