ホテル評論家が指南 ギリギリ予約のコツと充実宿泊の秘策

公開日: 更新日:

 混雑する観光地に、わざわざ行くのはナンセンスと思いつつも、仕事や家族の都合でそうもいかないこともある。当然、繁忙期のホテルは予約しづらく料金も高い。

 前回、ホテル評論家の瀧澤信秋さんに旅行直前の予約方法として「キャンセル狙い」と「ホテルへの直接予約」という裏技を聞いた。それでも、予約がとれない場合はどうすればいいのか。

「ひとつが楽天トラベルやじゃらんなどの有名どころではないマイナーな旅行サイトで検索することです。ホテルから割り当てられている部屋数は少ないものの、閲覧数も少ないので試してみる価値はあると思います」

 今どきのラブホやカプセルホテルもお勧めだという。

「かつてラブホテルといわれたレジャーホテルやカプセルホテルは、どちらも進化していて、かつてのイメージを覆す、清潔感のある、おしゃれなところが増えています。レジャーホテルは部屋が広く、つくりも豪華なので、特に外国人旅行者の利用が増えています。ビジネスプランや家族プランがあるところも。利用する際は、避妊具を外してくれたりします。どちらも、繁忙期でも料金はほぼ通常時と同じですので、抵抗がなければお勧めです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  7. 7

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  8. 8

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る