米山隆一
著者のコラム一覧
米山隆一前新潟県知事・医師・弁護士

1967年、新潟県生まれ。東大医学部卒業。97年司法試験合格。医師として働くとともに、2011年から弁護士として活動。16年10月~18年4月、新潟県知事。現在は弁護士法人おおたか総合法律事務所の代表弁護士を務める。

【Q】親を孤独死させないためにどうすればよいでしょう?

公開日: 更新日:

 意外なことに、現在、「孤独死」に定まった定義はなく、全国でどのくらいの人が孤独死しているのか、正確な統計はありません。しかし、東京都の統計で全死亡の2~6%、つまり、現在17~50人に1人は何らかの意味で「孤独死」しており、決して他人事ではありません。

 孤独死は基本的に親が独り暮らしをしている世帯で問題になりますが、「親と普段から連絡が取れている」「親と連絡が途切れている」の2つの場合がありますので、分けて説明します。

 まず、「親と普段から連絡が取れている」場合は、多くの方が「うちの親はまだまだ元気だし、何かあったら連絡が来るから大丈夫」と思っているでしょう。しかし、そうであれば2~6%もの孤独死は生じません。

 主に脳・心臓の血管障害による高齢独り暮らしの方の「突然死」は、想像よりずっと多く、2~3日連絡がないなと思っていたら孤独死していたというケースは結構あります。独り暮らしである以上、これを完全に回避することは難しい。しかし、普段から連絡が取れていればこそ、最期をみとれなかった心痛は大きいです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  6. 6

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る