警備会社は高級路線を導入 見守りサービスは今後どうなる

公開日: 更新日:

 先日、ドアホンが鳴るので誰何すると「郵便局です」と言う。ハンコを用意して扉を開けると、制服を着た郵便局の男性が胸の身分証を見せ、なにやらパンフレットを差し出した。「見守りサービス」の営業だという。

 郵便局の見守りサービスは2500円で月1回、郵便局社員か業務委託先が親を直接訪問。聞き取った内容を見守る側に報告するほか、別途料金で電話サービスや警備会社による駆けつけサービスを2017年から展開している。強みは全国に張り巡らされた拠点と郵便局社員だろう。

 このように足腰の強いマンパワーを持っているといえば警備会社であり、見守りサービスへの参入は目立つ。

 見守りサービスベンチャーを立ち上げた経験のある神山晃男氏は言う。

「郵便局は郵便局社員に新たな仕事を付加しているので気になりますね。警備会社はホームセキュリティーの中に見守りサービスが入っているので、成立していると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  4. 4

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    1位は2千万円超え 平均給与トップ30は総合商社や民放ズラリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る