三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

泥沼化…韓国の言い分が理解できない人は会津に行くといい

公開日: 更新日:

 日韓関係が泥沼の状況になっている。日本側からすれば、今回の事態は韓国に非があるということになるのだろう。ホワイト国から韓国を除外することについて、パブリックコメントの95%超が「賛成」というのだから、圧倒的だ。確かに韓国側の主張は、必ずしも納得がいくものではないかもしれない。

 一方の韓国では、日本との対決姿勢を明確にした文在寅大統領の支持率がアップした。どっちが悪いのかという以前に、日本を「盗人たけだけしい」と批判したことが共感を呼んでいるようだ。なぜ日本側の主張が通じないのか疑問だという人は、会津に行ってみるといい。

 会津には、いまだに長州人は生きて帰れないんじゃないかと思わせる雰囲気がある。僕が利用したタクシーの運転手も、「戊辰戦争で亡くなった会津の人たちの遺体を3年間も放置した」と憤慨していた。実際はそんなに放ったらかしにしていないんだけど、やられた方は永遠に心に刻む。150年経過しても忘れることはないんだよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る