大海原のように赤茶けた大地が広がるモニュメントバレー

公開日: 更新日:

 それは獣のようにひっそりと息づき、今まで僕が経験したことがないような“何か”の存在を大いに感じさせました。ナバホはそこに神がいると信じているそうです。

 ビュートは、時間を追うごとにさまざまな表情を見せます。夕日があたり、燃え上がるような真っ赤な赤。しだいにピンク色になり、紫色にもなり、暗闇に消えていく。朝はビュートの後ろから太陽が昇り、金色の光があたりに散乱します。仏さんの後光みたいな感じです。

 地球が生きていると実感した僕は、ビュートを眺めるために気がつけば4泊していました。引力のせいか、そこから抜けられなかったんです。

 その後、グランドキャニオンを訪れたのですが、本当のグランドキャニオンはどこや~、って思いましたね(笑い)。

 モニュメントバレーに行くならば、絶対に夕焼けが見える時間帯がおすすめです。キャンプ場の24番サイトにテントを張ってくださいね。テントの窓を開けたら、ドーンと絶景が広がるロケーションです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  5. 5

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  6. 6

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  10. 10

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

もっと見る