全裸で過ごす楽園…現実離れしたフランスのヌーディスト村

公開日: 更新日:

 旅が面白いのは、そこにしかない景色や人、文化に触れられるから。ただし、人生は短く、訪れることができる場所は限られる。仕事や趣味で海外を飛び回る人たちは、どこで、どんな世界を見ているのか――。一度は行きたいと感じる「絶景」を届けよう。

  ◇  ◇  ◇

 ヌーディストビーチの聖地、キャプダグドでの一枚。ヌーディストビーチは数あれど、なぜここは聖地と呼ばれるのか。それは、全裸のまま買い物やレストランにも行けるからなんです。「欧米には全裸で過ごす楽園がある」と知って以来、自分とは無縁だと思っていました。

 でも今回は、18年間勤めた会社を辞めた記念の欧州21カ国をめぐる旅。日本人としての常識的な人生はもう十分やったので、脱いで脱いで脱ぎまくるぞ! 自分の殻も全部! と一大決心したんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る