中川健一
著者のコラム一覧
中川健一峠研究家

1948年、東京生まれ。峠研究家。国学院大学法学部卒。建築・土木資材メーカー「岡部」㈱入社後、1級建築士などの国家資格を取得。08年から峠巡りを始め、10年間で全国2954峠を踏破し、「全国2954峠を歩く」(内外出版社)を上梓。8月に3000峠越えを達成した。

地蔵峠(長野)は大和時代と現代をつなぐタイムカプセル

公開日: 更新日:

 2008年、60歳のときに始まった私の“峠歩き”は、先月初め、11年目にしてようやく3000カ所の大台に到達しました。日本には、山岳を中心に離島や廃道にあるそれまで含め3773の峠があるので、歴史があるモノはほぼ歩いたつもりですが全峠制覇の意味では、まだ“道半ば”と思っています。

 私は建築・土木メーカーのサラリーマンでした。その私がなぜ、“峠歩き”に興味を持ったのか、やめられなくなったか――。今回はそのワケをお話ししましょう。

 私が働いていた会社は、全国各地に50カ所以上自社の土地がありました。仕事上、それらを管轄しチェックするうち、「安全な建物を造るには地盤が重要だ」と人一倍強く思っていました。とくに大地震などの災害を見るにつけ、断層のことを理解しなければいけないと感じていたのです。

 そんな折、95年に阪神・淡路大震災が発生、99年には台湾大地震のニュースが伝わってきました。海洋型地震、直下型地震の脅威を目の当たりにして、「断層帯にある人工構造物は自然の猛威に耐えることができない」ことを痛感しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る