小島慶子さん<4>ラジオのメイン司会でギャラクシー賞受賞

公開日: 更新日:

 お涙頂戴の演出に納得がいかず、アシスタントとしての役目を果たせなかった。プロデューサーに怒鳴られ、大物司会者からは共演NGとなる。この一件をきっかけに、テレビのバラエティー番組から遠ざかった。その頃、ラジオ番組のメイン司会の話が舞い込む。1998年のことだ。

「それまではテレビのゴールデンに出ていたので、正直、最初は乗り気ではありませんでした。ラジオなんて日陰のメディアだ、都落ちだと思っていたんです。でも、『もう少し年を重ねたら、必ず才能が開花するから。焦らないで』と、ずっと励ましてくれた先輩アナの宇野淑子さんが、『絶対に小島の財産になるからやってみなさい』と背中を押してくれた。私を奮起させてくれたのです」

 それが、のちに大人気となる「バトルトークラジオ アクセス」。リスナーも交えて時事問題を討論する生放送のラジオ番組で、当時としては画期的だった。小島さんの役割は、スタジオのコメンテーターと電話でつないだリスナーに議論の場をつくることだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る