小島慶子さん<4>ラジオのメイン司会でギャラクシー賞受賞

公開日: 更新日:

 お涙頂戴の演出に納得がいかず、アシスタントとしての役目を果たせなかった。プロデューサーに怒鳴られ、大物司会者からは共演NGとなる。この一件をきっかけに、テレビのバラエティー番組から遠ざかった。その頃、ラジオ番組のメイン司会の話が舞い込む。1998年のことだ。

「それまではテレビのゴールデンに出ていたので、正直、最初は乗り気ではありませんでした。ラジオなんて日陰のメディアだ、都落ちだと思っていたんです。でも、『もう少し年を重ねたら、必ず才能が開花するから。焦らないで』と、ずっと励ましてくれた先輩アナの宇野淑子さんが、『絶対に小島の財産になるからやってみなさい』と背中を押してくれた。私を奮起させてくれたのです」

 それが、のちに大人気となる「バトルトークラジオ アクセス」。リスナーも交えて時事問題を討論する生放送のラジオ番組で、当時としては画期的だった。小島さんの役割は、スタジオのコメンテーターと電話でつないだリスナーに議論の場をつくることだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る