オスマン・サンコンさん<1>サッカー諦めて国家公務員合格

公開日: 更新日:

 40代半ば以上の人なら、この外国人を知らない人はいないはず。1984年、人気番組「笑っていいとも!」出演をキッカケに、天然ボケの“変なガイジン”として全国的な人気者になった。オスマン・サンコンさんである。もとはといえばギニア外務省勤務の大使館員として、72年に初来日。約8年を日本で過ごした。その外交官時代は――。

「ボクは49年3月11日に、ギニアのボッファで生まれました。そう、今日が70歳の誕生日。日本の古希です。ガハハ。ギニアは一夫多妻制で、お母さんは3人、22人きょうだいの四男です。お父さんは官僚で、毎日、家まで車が迎えに来ていましたから、けっこうエリートだったと思います。小さいころはサッカー少年で、サッカー選手になりたかった。でも、高校生のとき、試合中に右足のアキレス腱を切る大けがをして……。当時のギニアは医療体制が良くなかったから、障害が残ってしまったんです。サッカー選手の夢は破れて、“じゃあ、勉強しよう”と気持ちを切り替えました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る