スマホの充電も可能 マイカーを“避難所仕様”にするコツ

公開日: 更新日:

 台風15号で長引いた停電や断水のときだけでなく、被災地では車が“マイ避難所”として活躍する。しかし、快適な避難生活を送るには、準備が必要だ。万が一に備え、どんなものを車に用意しておけばいいか。自動車ジャーナリストの横田晃氏に聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 台風15号による停電でスマホの電池が切れ、役所などに充電を求める大行列ができた。あの行列を見ると、車での充電グッズを用意していなかった人が多いのだろう。

「必要なのは、シガーソケット式のUSB充電器です。カーステレオ近くにあるUSBポートで充電する人がいますが、あれは音楽転送用で出力が0・5アンペアと低く、フル充電は難しい。シガーソケットなら10アンペア程度あり、安定して充電できます」

 家族の分も考えると、ポートは複数あるとベター。たとえば、「AUKEY」や「RAVPower」のカーチャージャーには、ポートが2つついたタイプがあり、出力は各2・4アンペア。2台同時に急速充電できる上、過熱や過充電を回避するシステムも。1000円程度だから安い。これがあれば、情報難民にならずに済む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る