危機管理のプロが指南 災害が迫った時にやるべき3つのこと

公開日: 更新日:

 台風15号での突然の停電に、慌てた家族も多かった。

 防災減災危機管理アドバイザーの吉田亮一氏が言う。

「台風接近の場合、災害への最大の備えは情報収集です。今回の15号が典型ですが、いつ、どこへ上陸して、どれくらい雨が降り、風速何メートルの風が吹くのか。こうした情報をしっかりインプットして対策を考えることです。どんな情報が詳しいかというと、1番はニュース番組の中でのお天気解説です。それこそ、“風速30メートルの風が吹くとこんな事態が起きる”まで解説してくれます。自分の命に関わる事態なのかも含めて、大いに役立つ。スマホで画面を見るよりよっぽど詳しいですよ」

 普段からテレビを見てどこの局のだれの予報・解説が役立つかチェックしておくといい。

 2番目は、台風でも噴火でも命の危険を感じるような事態が迫ったら避難所に向かうこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  8. 8

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  9. 9

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る