危機管理のプロが指南 災害が迫った時にやるべき3つのこと

公開日: 更新日:

 台風15号での突然の停電に、慌てた家族も多かった。

 防災減災危機管理アドバイザーの吉田亮一氏が言う。

「台風接近の場合、災害への最大の備えは情報収集です。今回の15号が典型ですが、いつ、どこへ上陸して、どれくらい雨が降り、風速何メートルの風が吹くのか。こうした情報をしっかりインプットして対策を考えることです。どんな情報が詳しいかというと、1番はニュース番組の中でのお天気解説です。それこそ、“風速30メートルの風が吹くとこんな事態が起きる”まで解説してくれます。自分の命に関わる事態なのかも含めて、大いに役立つ。スマホで画面を見るよりよっぽど詳しいですよ」

 普段からテレビを見てどこの局のだれの予報・解説が役立つかチェックしておくといい。

 2番目は、台風でも噴火でも命の危険を感じるような事態が迫ったら避難所に向かうこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  9. 9

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る