夏の来客数が増加の一途 長野「白馬スキー場」復活の秘密

公開日: 更新日:

 夏なのに、客がわんさか集まったスキー場がある。長野県白馬村だ。

 標高1289メートルの山頂にオープンしたテラス「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR」(写真)は、焼きたてのパンや冷えたビールを飲みながら北アルプスの絶景を一望できるとあって、昨年の夏場は、過去5年で最高の来場者数を記録した。

 今年はさらに人が人を呼び、先日発表された統計では、同施設のある白馬岩岳エリアの来場者数は、前年同時期比約292%に! 「白馬は“夏も”ヤバい」と大きな話題を集めている。「レジャー白書2017」によれば、国内のスキー人口は、年間約1800万人(98年)をピークに断続的に減少。16年時点で、600万人を切るまでの水準に落ち込む、まさに“厳冬の時代”を迎えている。

 白馬村も例外ではなかった。98年長野五輪でジャンプ競技が行われるなどウインタースポーツの聖地だが、近年は長らく集客に苦しんでいた。しかし今、冒頭のような画期的な取り組みによって、白馬は“冬眠”から覚めようとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る