菊池康平さん<1>海外でプロ選手への道を模索した大学時代

公開日: 更新日:

 小学生の頃から「プロサッカー選手になりたい」という夢を持ち続け、学生時代、会社員時代にいくつもの国に渡ってプロへの挑戦を続けたという菊池康平さん。2008年には13カ国目の挑戦となる南米ボリビアのチームで、プロ契約を交わし夢を実現。仕事をしながらも、やりたいことを追い続けた会社員生活とは、どんなものだったのか。

 ◇  ◇  ◇

 プロサッカー選手になって、大勢の人の前でプレーをする、それが僕の子どもの頃からの夢でした。中学・高校時代はJリーガーを目指し、地元のクラブやFC町田ユースで練習をしてきました。その後、進学した明治大学ではサッカー部に入ろうと思ったのですが、練習に参加してみると予想以上にレベルが高く、ほとんどがスポーツ推薦で入ってきた部員。一般入試で入学した部員はわずかだったんです。自分の実力ではここで活躍できるとは思えないと痛感し、違う道を模索しようと思いました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  10. 10

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る