菊池康平さん<1>海外でプロ選手への道を模索した大学時代

公開日: 更新日:

 小学生の頃から「プロサッカー選手になりたい」という夢を持ち続け、学生時代、会社員時代にいくつもの国に渡ってプロへの挑戦を続けたという菊池康平さん。2008年には13カ国目の挑戦となる南米ボリビアのチームで、プロ契約を交わし夢を実現。仕事をしながらも、やりたいことを追い続けた会社員生活とは、どんなものだったのか。

 ◇  ◇  ◇

 プロサッカー選手になって、大勢の人の前でプレーをする、それが僕の子どもの頃からの夢でした。中学・高校時代はJリーガーを目指し、地元のクラブやFC町田ユースで練習をしてきました。その後、進学した明治大学ではサッカー部に入ろうと思ったのですが、練習に参加してみると予想以上にレベルが高く、ほとんどがスポーツ推薦で入ってきた部員。一般入試で入学した部員はわずかだったんです。自分の実力ではここで活躍できるとは思えないと痛感し、違う道を模索しようと思いました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る