嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

「踊るうどん永木」の官能を引き継ぎ 3代目の使命感と愛

公開日: 更新日:

 愛媛県松山市三津浜にある、踊るうどん永木。1998年に初代の大将・永木さんが24歳で立ち上げ、現在まで3代にわたって継承されている。開店の翌年に初めてうかがって以来、さまざまなドラマを見せてもらってきた。

 初代は折からのうどんブームの最中に地元・松山で最高のうどんを提供したいと志し、讃岐の丸亀に移住して自分の進むべき方向を探り始めた。あちこちに足を運んで食べ比べる中で、讃岐うどんの看板の上にあぐらをかいた、まずい「死んだ」うどんも多く存在することに気づく。

 自分が実験的に打っているうどんの方が生き生きと踊っていると確信して、早々に松山で看板を掲げた。讃岐よりもかなり加水率が高く、しなやかで官能的なうどんは評判となり、多くのファンが詰めかけるようになった。しかし慢心はせず、壁にぶち当たった時はお遍路に出て、うどんを作る全ての行程に感謝の気持ちを込めることが大事だと気づいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る