嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

日本料理界の偉人「京味」西健一郎さんに哀悼の意を

公開日: 更新日:

 西健一郎さんに心から哀悼の意を表したい。京味さんへうかがって10年の新参者の僕に対しても、いつも丁寧に対応していただいた。

 店に入るとまずナプキンを首から掛けてくださるのが面はゆくうれしかった。

 最初にうかがった時、ナスのヘタを油で揚げた後に、甘辛く煮て黒胡麻で和えた「うてなの胡麻和え」という料理が出てきて「ヘタですか」と聞くとほほ笑みながら「実の方は賄いにします」とおっしゃっていたのが印象的だ。ご自身も積極的に外食に出掛けられ、目黒の焼き鳥屋「鳥しき」に初めて行かれた直後に、いかによかったかを熱く語っておられた姿も忘れられない。

 お弟子さんも多く、みなさんおのおのが独り立ちして活躍をされている。ご自身が、お父さまに料理人として育ててもらったという意識を強く持たれていたのだろう。お父さまは料理人番付西の横綱の異名を持つ西音松氏だ。伊藤博文の側近から総理大臣にもなった西園寺公望氏の料理人を務められていた。西園寺氏の食通ぶりは、かの魯山人も文章に残しているほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る