嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

万博から万博へ 道頓堀商店会から扉が開いた関西の食文化

公開日: 更新日:

 大阪出身の僕だが、2010年に開催された上海万博で道頓堀商店会のみなさんと仲よくなって、ようやく関西の食文化の扉が開いた感じがする。

 まず最初に日本産業館に出店されていた「たこ家 道頓堀くくる」の永尾社長と知り合い、たこ焼きの歌を作って中国語で歌った。合計11日間ステージに立ち、総合プロデューサーの堺屋太一先生から日本産業館応援団長に任命していただいた。ステージの合間に焼きたてのたこ焼きをハフハフ食べるのも楽しみだった。

 その時、5年後に迫った道頓堀開削400年祭を成功させたいという思いを永尾社長からうかがい、大阪に戻った時に道頓堀今井、串かつだるまと、炭火焼肉道頓堀みつる、それぞれの社長と会食をしてFM大阪で「カモン!EXPO大作戦!!」という番組をスタートさせる運びとなった。

 僕は「レッツゴー!ミナミ!」と「道頓堀へいらっしゃい!音頭」を作って何度も歌った。CDのジャケットは寒空の道頓堀で撮影したのだが、冷え切った体を今井のきつねうどんが温めてくれた。13年にデビュー30周年コンサートを万博お祭り広場で開催した時にはみなさんが出店してくれて大盛況だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  5. 5

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  6. 6

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  7. 7

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る