嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

万博から万博へ 道頓堀商店会から扉が開いた関西の食文化

公開日: 更新日:

 大阪出身の僕だが、2010年に開催された上海万博で道頓堀商店会のみなさんと仲よくなって、ようやく関西の食文化の扉が開いた感じがする。

 まず最初に日本産業館に出店されていた「たこ家 道頓堀くくる」の永尾社長と知り合い、たこ焼きの歌を作って中国語で歌った。合計11日間ステージに立ち、総合プロデューサーの堺屋太一先生から日本産業館応援団長に任命していただいた。ステージの合間に焼きたてのたこ焼きをハフハフ食べるのも楽しみだった。

 その時、5年後に迫った道頓堀開削400年祭を成功させたいという思いを永尾社長からうかがい、大阪に戻った時に道頓堀今井、串かつだるまと、炭火焼肉道頓堀みつる、それぞれの社長と会食をしてFM大阪で「カモン!EXPO大作戦!!」という番組をスタートさせる運びとなった。

 僕は「レッツゴー!ミナミ!」と「道頓堀へいらっしゃい!音頭」を作って何度も歌った。CDのジャケットは寒空の道頓堀で撮影したのだが、冷え切った体を今井のきつねうどんが温めてくれた。13年にデビュー30周年コンサートを万博お祭り広場で開催した時にはみなさんが出店してくれて大盛況だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る