• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

檀蜜が夢中に… 生でも食べられる新鮮ラム「ラムしゃぶ金の目 銀座本店」

“お色気キャラ”で一躍ブレークした壇蜜(34)。日本中の異性をとりこにしてきた壇蜜が思わず夢中になった“しゃぶしゃぶの店”が銀座にある。

「ラムしゃぶ金の目 銀座本店」は都内でも珍しい“ラム肉のしゃぶしゃぶ鍋”の専門店。場所はJR新橋駅に程近い銀座8丁目の商業ビルの3階。2000年のオープン以来、その味は評判となり、店内はいつも満席の賑わいだ。

 人気の理由はひとえに“肉そのもののウマさ”に尽きる。「“ラム肉のイメージをくつがえす”が当店のコンセプト」と語るのは総支配人の鶴洋輔さんだ。

「ラムは臭みが強いと思われがちですが、それは鮮度や調理に問題があるから。新鮮かつ上質なラムは決してそんなことはありません。だから、ウチは何よりも素材を厳選。臭みのない本当のラムのおいしさを、しゃぶしゃぶで存分に楽しんでいただきたいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る