檀蜜が夢中に… 生でも食べられる新鮮ラム「ラムしゃぶ金の目 銀座本店」

公開日: 更新日:

“お色気キャラ”で一躍ブレークした壇蜜(34)。日本中の異性をとりこにしてきた壇蜜が思わず夢中になった“しゃぶしゃぶの店”が銀座にある。

「ラムしゃぶ金の目 銀座本店」は都内でも珍しい“ラム肉のしゃぶしゃぶ鍋”の専門店。場所はJR新橋駅に程近い銀座8丁目の商業ビルの3階。2000年のオープン以来、その味は評判となり、店内はいつも満席の賑わいだ。

 人気の理由はひとえに“肉そのもののウマさ”に尽きる。「“ラム肉のイメージをくつがえす”が当店のコンセプト」と語るのは総支配人の鶴洋輔さんだ。

「ラムは臭みが強いと思われがちですが、それは鮮度や調理に問題があるから。新鮮かつ上質なラムは決してそんなことはありません。だから、ウチは何よりも素材を厳選。臭みのない本当のラムのおいしさを、しゃぶしゃぶで存分に楽しんでいただきたいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  6. 6

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  7. 7

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  8. 8

    甲子園中止で代替大会はどうなる? 47都道府県高野連直撃

  9. 9

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  10. 10

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

もっと見る