冷え性対策と入浴調査で判明 6割の人が間違っていること

公開日: 更新日:

 冬場の冷え性対策として「少し熱めのお湯に」「半身浴でゆっくりと漬かり」「お風呂上がりには靴下をはいて寝る」という人は多いだろう。

 実はコレ、すべて大きなカン違いだ。

 バス・給湯器の「リンナイ」が冷え性対策の入浴法の常識について男女1000人を調査した。最も間違いが多かったのが、「半身浴より全身浴のほうが汗をたくさんかく」という項目。6割以上の人が「半身浴」を選んでいるが、半身浴では体が温まりにくい。

「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)などでお馴染みの東京都市大学の早坂信哉教授(医師・温泉療法専門医)がこう説明する。

「半身浴は湯船に漬かっている面積が狭い分、体が温まりにくい。その分、42度以上の熱いお湯に漬かる人もいますが、熱いお湯の方が湯上がり後、結果的に早く体が冷えてしまうことが分かっています。ベストは、全身浴で40度のお湯に10~20分漬かることです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る