南鳥島沖で約1160万年前の隕石の痕跡 生物絶滅の原因か

公開日: 更新日:

 地球規模で生物が大量絶滅したのは、巨大隕石(いんせき)が落下した“ディープ・インパクト”のせいだった!?

 海洋研究開発機構など研究チームは20日、南鳥島沖の深海底で採取した堆積物から、約1160万年前に巨大隕石が衝突して生じたと推定される球状粒子を多数発見したと発表した。隕石は深い海に落下した可能性が高いという。

 地球では約1160万年前に哺乳類を中心に、主な生物の種類の15%程度が死滅。その原因は謎とされてきたが、隕石の落下が原因になった可能性も考えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る