南鳥島沖で約1160万年前の隕石の痕跡 生物絶滅の原因か

公開日: 更新日:

 地球規模で生物が大量絶滅したのは、巨大隕石(いんせき)が落下した“ディープ・インパクト”のせいだった!?

 海洋研究開発機構など研究チームは20日、南鳥島沖の深海底で採取した堆積物から、約1160万年前に巨大隕石が衝突して生じたと推定される球状粒子を多数発見したと発表した。隕石は深い海に落下した可能性が高いという。

 地球では約1160万年前に哺乳類を中心に、主な生物の種類の15%程度が死滅。その原因は謎とされてきたが、隕石の落下が原因になった可能性も考えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  7. 7

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る