描いたんじゃない! “眉”のある捨て犬の「万事塞翁が馬」

公開日: 更新日:

 えっ、描いたんじゃないの!? 立派な眉のような模様がある犬がロシアで話題になっている。

 ロシアの英字紙「ザ・シベリアン・タイムズ」(11月15日付電子版)などによると、注目の犬は、バイカル湖の西に位置するブラーツク郊外に捨てられていた5歳の雌。

 保護した動物愛護団体「親切な手」の職員は、この犬を最初に見た時、誰かがマジックか何かで残酷なイタズラをしたのだと思ったという。

 施設に連れ帰り、洗ってみたら全く落ちないので、“自然のイタズラ”で眉のように見える黒い模様ができたのだと確信した。

 地元の獣医、ナデジダ・グリオゼツカヤさんはこう説明する。

「これは血統とは関係のない体毛の色素沈着の症例です。“あざ”のようなもので、成長とともに薄くなるかもしれませんが、消えることはありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  8. 8

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る