はたあきひろ
著者のコラム一覧
はたあきひろ園芸研究家

1967年生まれ、兵庫県出身。大学卒業後、積水ハウス入社。2014年に退職。著書に「コップひとつからはじめる自給自足の野菜づくり百科」など。妻と子ども3人で自給生活。

除草剤や農薬を使わない「稲ワラ」で納豆も作っちゃいます

公開日: 更新日:

 稲作の話題として稲刈り、脱穀と書いてきましたが、手塩にかけて育てた米の味はもう最高! なだけにとどまらず、とっても利用価値が高いモノがまだ残されているんです。それは、稲ワラです。今回は稲ワラの利用法第1弾です。

 チョット高級なスーパーや百貨店の食品売り場で、ワラに包まれた納豆を見たことありませんか? ワラと納豆の関係を考えたことあります? 納豆は発酵食品で、菌の力で加熱した大豆が納豆に生まれ変わります。その菌がどこにおすまいかっていうと、稲ワラなんです。

 現在では、納豆菌は工場で培養され、大豆に植えつけられて納豆が出来るのですが、昭和9年生まれの義母は、子どものころ家で自家製納豆を作ってたと言っています。アツアツに蒸した大豆を稲ワラに包んで保温すれば出来ちゃうので、豆腐は店で買っても納豆は家で作るのが当たり前だったそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る