犬山紙子さん<4>「美人を自称」と知らない人に嫌われて…

公開日: 更新日:

 いまから10年前、文章とイラストを交えたブログを始めた。母親の介護の息抜きで東京に遠征、友人の女性たちから飲みながら聞いた話をつづったものだ。登場するのは美女だけど恋愛で苦戦している人が主。1年後にはフリーの編集者から声が掛かる。

 2011年、「負け美女」というタイトルの本になり、マガジンハウスから出版された。12月には人気番組「ゴロウ・デラックス」からオファーが舞い込み、テレビ出演も果たすことになる。

「スタジオでは著書について話をしました。収録はめちゃくちゃ楽しくて、演者さんたちの話術もすごくて……。当時私は29歳でしたが、世間が“独身アラサー”というワードに注目していた時代にマッチしたんでしょうね。その枠で、いろんな番組に出させてもらう機会が増えました」

 テレビに出れば叩く人も必ずいる。犬山さんにも批判が寄せられたという。「負け美女」のタイトルに引っ張られて、自らを美女と自称する勘違いオンナだと誤解されたのだ。ネット上では見ず知らずの人たちが自分のことを悪く言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る