移住有名人が続出 関西で一番暑い「兵庫県豊岡市」の魅力

公開日: 更新日:

 兵庫県の豊岡市をご存じだろうか。最近、移住する有名人が増えている町だ。オーロラ輝子としてNHK紅白歌合戦にも出場した女優の河合美智子(51)は昨秋に移住し、劇作家の平田オリザ氏(56)も主宰劇団ごと豊岡に移住準備中という。

 実は筆者も今年5月に豊岡市に移住したひとり。文筆業以外にもリゾートのマーケティングの仕事をライフワークとしており、その関係でこちらにあるスキー場で働き始めた。豊岡への交通は、神戸、大阪、京都のそれぞれから鉄道でも車でも3時間ほどかかる。関西の日本海側最奥地というところだ。

 今まで、新潟、長野での田舎暮らしの経験が8年あり、田舎暮らしのたいていのことは経験済みのつもりだったが、ここでは日本の広さを痛感する驚きの日々である。

 豊岡市のある兵庫県但馬地方は兵庫の日本海側の北部の広い領域を指し、面積では県の4分の1を占めるが、人口はおよそ16万人。兵庫県の人口の3%だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る