ブログも記事も聴く時代…スマホの「読み上げ機能」を検証

公開日: 更新日:

 オーディオブックや音声コンテンツアプリの充実で、「聴く」ジャンルに注目が集まっている。2017年の音声コンテンツの市場規模は7503億円で、ネットオリジナル82億円、ラジオ番組2007億円、音楽ソフト5414億円という内訳になっている(『令和元年情報通信白書』から)。そのうち、まだ規模の小さいネットオリジナルの音声コンテンツは今後、最も成長余地がある。

 7日から米ラスベガスで開催されている世界最大のデジタル技術見本市「CES」でも、グーグルがAI(人工知能)を活用した音声サービスの充実を発表。スマートスピーカーによる宅配の注文、家電の操作などさまざまな用途で本格的に利用されると言われているが、スマホの「読み上げ機能」もより身近なものになっていきそうだ。今後、Android搭載のスマホなどの製品で、ウェブ上のブログや記事を人が話すように流暢に読み上げるほか、42の言語に翻訳して読み上げる機能も使えるようになるという。これが実現すれば、外国語で書かれたニュース記事の内容も簡単に知ることができる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る