1万円以下!アマゾンの“激安タブレット”がオススメな理由

公開日: 更新日:

 スマートフォンの個人保有率は、2016年に日本全体で56・8%(総務省の17年度版情報通信白書)に達し、現在はさらに急速に普及している。1人1台スマホが当たり前になりつつある中、さらに、電子書籍用などにタブレット端末を所有する人も少なくないようだ。

 近年、各メーカーからさまざまな製品が出ているが、iPhoneの普及によってiPadの人気がやはり高い。今年3月にはiPadの第7世代は価格が3万4800円から。GoogleのOS、Androidを搭載したタブレットであれば1万円台で購入できるが、Amazonが発売しているKindle Fireシリーズは、これらと比べると、さらに破格の値段で購入できる。

「動画再生の際に重くなったりとスペックにやや難があったり、インターネットが利用できる通信環境がWi―Fiのみだったり、iPadに比べると、できることが限られますが、入門機として使うのであれば、十分でしょう。Fire7が5980円(FireHD8が8980円)。さらに、セール時にはFire7が3000円台で購入できるので、購入して損はないと思います」(ITジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  5. 5

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る