三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2020年、文化功労者顕彰を受ける。

無駄遣いの極み…未来に影を落とす東京五輪と大阪の万博

公開日: 更新日:

 正月を迎えると、昔だったら「今年はやるぞ」という気持ちになったものだ。

 今年は、どうも違う。楽観主義の僕でさえ、気分がめいってしまう。とてもじゃないが、明るい未来が見えないのだ。

 メディアは56年ぶりに東京で開かれる五輪を盛り上げようとしている。だが、日本経済の現状を考えれば、ワクワクすることはできない。団塊の世代の大量リタイアに加え、少子高齢化対策を怠ってきたツケで、国内は深刻な人手不足に見舞われている。有効求人倍率が高止まりを続けているのは、景気が良いからではない。政府は不足分を外国人で補おうとしているが、これはまた差別や格差といった別の問題を生むだろう。その場しのぎで何とかなるようなことではない。

 そんな中で東京五輪を開く意味がどこにあるのか。会計検査院によると、国の関連支出は昨年度までの6年間で1兆600億円を超えているという。壮絶な無駄遣いである。ちなみに今回マラソンが行われる札幌市は、2026年の冬季五輪招致に手を挙げている。1998年の長野冬季五輪も自治体の負担が大変大きかった。競技会場だったスキー場が閉鎖されるという報道も最近あったが、大会自体の経費はもとより、開催後も競技施設の維持・管理が“負の遺産”として自治体の財政を長期間圧迫する場合が多い。時代は長野の頃と比べてさらに厳しくなっているというのに、あきれるしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

もっと見る