三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

無駄遣いの極み…未来に影を落とす東京五輪と大阪の万博

公開日: 更新日:

 正月を迎えると、昔だったら「今年はやるぞ」という気持ちになったものだ。

 今年は、どうも違う。楽観主義の僕でさえ、気分がめいってしまう。とてもじゃないが、明るい未来が見えないのだ。

 メディアは56年ぶりに東京で開かれる五輪を盛り上げようとしている。だが、日本経済の現状を考えれば、ワクワクすることはできない。団塊の世代の大量リタイアに加え、少子高齢化対策を怠ってきたツケで、国内は深刻な人手不足に見舞われている。有効求人倍率が高止まりを続けているのは、景気が良いからではない。政府は不足分を外国人で補おうとしているが、これはまた差別や格差といった別の問題を生むだろう。その場しのぎで何とかなるようなことではない。

 そんな中で東京五輪を開く意味がどこにあるのか。会計検査院によると、国の関連支出は昨年度までの6年間で1兆600億円を超えているという。壮絶な無駄遣いである。ちなみに今回マラソンが行われる札幌市は、2026年の冬季五輪招致に手を挙げている。1998年の長野冬季五輪も自治体の負担が大変大きかった。競技会場だったスキー場が閉鎖されるという報道も最近あったが、大会自体の経費はもとより、開催後も競技施設の維持・管理が“負の遺産”として自治体の財政を長期間圧迫する場合が多い。時代は長野の頃と比べてさらに厳しくなっているというのに、あきれるしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る