小遣いを増やしたい…妻を納得させる“ボディーブロー作戦”

公開日: 更新日:

「小遣いが少なすぎる」という男性の悩みをよく耳にします。お小遣いアップの交渉術について聞かれることもありますが、正直難しい。しかし成功率が少しでも高い方法を紹介しましょう。

 まず子どもや奥さんの誕生日、結婚記念日などをきちんと祝った上で、奥さんの気分が良さそうなときに、奥さんが納得できる理由を論理的に語る。「消費増税に便乗して行きつけの定食屋のランチが値上がりしちゃったよ」「お昼にすいている店は高い店ばかりで、安い店はすぐいっぱいになるから、昼休みが足りない」など、時代背景や社会情勢などを交えて話してみましょう。

 それで「お小遣いをもう少し増やそうか?」と奥さんが言ってくれたら、しめたもの。たいていは「ふーん、大変だね。でも、私だって家計のやりくりが大変なんだから」と逆襲されてしまうでしょう。

「だったら、お弁当を作ってあげようか」と言われてしまうケースも多いです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る