池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

そのスーツは古臭い…チェックすべきはゴージラインと着丈

公開日: 更新日:

 人は誰しも自分が若々しく輝いていた時代を引きずりがちだ。それゆえ、過去に栄光のある上司ほど、スーツスタイルが古くさい。「いやいや自分は最近、スーツを新調したばかり」という人でも色柄がひと昔前のはやりだったり、シャツやネクタイ、靴の合わせ方が昔のままということが多々ある。

 たとえば肩パッド入りでゆったりしたシルエットのスーツを着がちな50代、ナローラペルのスリムスーツにつま先のとがった靴を合わせる傾向の40代はまだまだいる。昔のスーツと分かっていても、「まだ着られる」「高価だったから」などと、理由をつけて袖を通してしまうきらいがある。

「スーツなんて、見た目はそれほど変わらない」と思っているとしたら、それは大きな誤りだ。スーツのデザインは少しずつ確実に変化していて、5年前、10年前、20年前のスーツは今とまったく別物だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  10. 10

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

もっと見る