池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。

そのスーツは古臭い…チェックすべきはゴージラインと着丈

公開日: 更新日:

 人は誰しも自分が若々しく輝いていた時代を引きずりがちだ。それゆえ、過去に栄光のある上司ほど、スーツスタイルが古くさい。「いやいや自分は最近、スーツを新調したばかり」という人でも色柄がひと昔前のはやりだったり、シャツやネクタイ、靴の合わせ方が昔のままということが多々ある。

 たとえば肩パッド入りでゆったりしたシルエットのスーツを着がちな50代、ナローラペルのスリムスーツにつま先のとがった靴を合わせる傾向の40代はまだまだいる。昔のスーツと分かっていても、「まだ着られる」「高価だったから」などと、理由をつけて袖を通してしまうきらいがある。

「スーツなんて、見た目はそれほど変わらない」と思っているとしたら、それは大きな誤りだ。スーツのデザインは少しずつ確実に変化していて、5年前、10年前、20年前のスーツは今とまったく別物だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  5. 5

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  6. 6

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    弁護士・三輪記子さんは“浮気率6割” 独身時5人交際し3人と

  10. 10

    故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る