横山光昭
著者のコラム一覧
横山光昭家計再生コンサルタント

家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー。借金したり貯金ができない家計の弱点を探り、確実な再生計画を見いだすプロ。これまで約1万5000人以上の家計再生を手がけた。

離婚を前提に別居中…年金・退職金の分割は老後生活に不安

公開日: 更新日:

【T家の現状】夫(61歳)は、再雇用中。息子(会社員、26歳)と2人暮らし。妻(60歳)はパート勤務で別居中。

 Tさんは、12年ほど前から妻と熟年離婚を前提に別居中。息子が成人し、社会人になったのでいつでも離婚に踏み切れるのですが、ズルズルと別居生活を続けています。

 現役時代は、自分と息子で生活しながら貯蓄し、妻に月8万円の生活費を仕送りしてきました。

 ですが、定年後、再雇用となり収入が激減した今、息子から毎月5万円の生活費をもらっても、家計はカツカツの状況が続いています。

 それでも、離婚となれば退職金も婚姻期間分は渡そうと考えています。結婚当初は専業主婦だった妻も別居後は扶養の範囲内での働き方だったので、年金分割にも応じようと思っているそうです。ですが、最近、気前よく応じていると自分の生活費が危うくなりそうで心配になってきたそうです。

 65歳から受け取る予定の年金の見込み額は、妻と分割後で約13万円ほどと見当をつけています。妻が年金だけで暮らせるとなると仕送りはストップしますが、息子は「離婚したら家計にお金は入れない」と言っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍