話題のストロング系チューハイは本当にそんなに悪いのか?

公開日: 更新日:

 このところ「ストロング系缶チューハイ」の風当たりが強い。安く酔えるからアルコール依存を助長する、なんて指摘もあるが、それは飲み方の問題じゃないか。

 厚労省の「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」によると、「節度ある適度な飲酒量」は、1日平均純アルコールで約20グラム程度。純アルコールの量(グラム)は、酒の量(ミリリットル)×アルコール度数÷100×0・8で計算できる。

 アルコール度数9%のストロング系チューハイ350ミリリットル缶なら25グラム。500ミリリットル缶なら36グラムというわけ。

 国際医療福祉大学熱海病院検査部の〆谷直人部長は、昨年12月4日付の日刊ゲンダイのコラム「サラリーマンtheバイブル」で、〈飲酒で大事なのは、1週間の総量。毎日飲むのが健康に悪いわけではありませんが、飲んだ総量の把握が難しいなら、飲まない日を設けた方がよい。休肝日の設定は総量コントロールの手段だと考えてください〉と指摘していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る