話題のストロング系チューハイは本当にそんなに悪いのか?

公開日: 更新日:

 このところ「ストロング系缶チューハイ」の風当たりが強い。安く酔えるからアルコール依存を助長する、なんて指摘もあるが、それは飲み方の問題じゃないか。

 厚労省の「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」によると、「節度ある適度な飲酒量」は、1日平均純アルコールで約20グラム程度。純アルコールの量(グラム)は、酒の量(ミリリットル)×アルコール度数÷100×0・8で計算できる。

 アルコール度数9%のストロング系チューハイ350ミリリットル缶なら25グラム。500ミリリットル缶なら36グラムというわけ。

 国際医療福祉大学熱海病院検査部の〆谷直人部長は、昨年12月4日付の日刊ゲンダイのコラム「サラリーマンtheバイブル」で、〈飲酒で大事なのは、1週間の総量。毎日飲むのが健康に悪いわけではありませんが、飲んだ総量の把握が難しいなら、飲まない日を設けた方がよい。休肝日の設定は総量コントロールの手段だと考えてください〉と指摘していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  10. 10

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

もっと見る